アジアンキッチンのお客様

ワールドワイドなお客様

アジアンキッチンのお客様は、8割がルワンダに住まわれている外国人の方です。

もっと具体的に言うと、欧米人4割、アジア人3割、アフリカ人3割。
もーっと細かく言うと、ヨーロッパ2割、アメリカ人2割、韓国人1割、日本人2割、ルワンダ人1割、東アフリカ人1割、その他1割、って感じです。
肌感覚です。

ルワンダ人のお客様は1〜2割

うーんワールドワイド
日々の接客で本当に世界各国のお客様に触れることができて、面白いですし、
マーケティングもなかなかストレートにいかない奥深さがあります。

ルワンダにある店なのにルワンダ人のお客様1割なの!?
と思われるかもしれません。

一つルワンダ人の特徴として、保守的で、馴染みのある料理以外口にしようとしません。
「タイ料理」というフックで来てくださる方は、
たいてい「育ったベルギーでお気に入りのタイレストランがあった」といった場合が多いです。

ルワンダでは、基本的には味付けは塩味・トマトペースト味・ピーナツソース味、のみです。
本当にこのローテーションです。
麺文化もありません。
強いて言えば「パスタ」は食べますが、クッタクタに茹でて食べる場合がほとんどです。

外貨獲得の手段

アジアンキッチンはランチの客単価が1,000円程度のお店ですが、
これを払えるルワンダ人は、本当にトップ数%のお金持ち層に限られてきます

外食にお金をかけられる層は、かなり限定されます。
そうなると自然に狙うは外国人の外貨になってきます。

ルワンダは地の利も悪く産業が育ちにくく資源に恵まれているわけでもないので、
ICTと並んで観光業にもかなり力を入れています

(アジアンキッチンは観光客の方は、感覚としては全体の2割くらいでしょうか。
やはり住まわれている常連さんが多いです)

日本だと毎日ランチ1,000円は高いかもしれません。
一方例えば北欧の方からすると「安い!」です。
提供価値とのバランスが大事ですね。結構難しいです。

以上、アジアンキッチンのお客様は7割ほどが欧米人・アジア人だよ!というお話でした。

アジアンキッチンのお客様” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です